とりまつ畳 株式会社 TORIMATSU TATAMI

【激安畳・即対応可能】畳(たたみ)の張替え・襖(ふすま)の張替え・障子(しょうじ)の張替え・クロスの張替えは、低価格で安心のとりまつ畳へご相談ください。

お見積り無料 電話番号

土日休まず受付対応!即対応可能!
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

畳床(たたみどこ)について 素材による特徴は?

  • 畳 | 2019-02-10

    畳床(たたみどこ)は床板に直接設置する畳の胴体部分でございます。この上に畳表は張り付けて畳が出来上がります。畳のとこの種類は大きく以下の3つに分けられます

     

     

    【わら床】昔ながらの畳床で乾燥した稲わらを圧縮し縫い付けております。昔から稲わらの再利用ということもあり一般的であったが今は利用減少となってます。踏んだ時の感触や床板に落ち着く感覚は昔から親しまれてきた畳そのものですが、建材床と比較するとカビの発生、劣化、対湿気等に関して弱い部分があります。また生産が少なくなってますので価格も高価になっている。

     

    【建材床:インシュレーションボード】わら床は稲わらを材料としているが、インシュレーションボードは木のチップ木片(オガクズ状のチップ)を圧縮し固めたものです。感触はわら床に近く違和感がなく、わら床と比べるとダニの発生率は軽減される。また加工しやすいため現在の畳床の主流となっている。

     

    【建材床:インシュレーションボード+硬質発砲スチロール】上記のインシュレーションボードを上部面に下部を硬質発砲スチロールを縫い付けたタイプです。特徴は比較的安価であり、断熱性にするれている。ただし通気性に乏しい。畳本体自体が軽いため床板への重量を軽減し施工者にも優しい設計となっているためマンション等の集合住宅では利用頻度が高い。また安価な点もあり現代の畳の主流の一つである。しかしながら発砲スチロール面に縫い付けて畳表を張り付けるため張替えにはあまりむかない。※張替え可能なものとそうでないものがあります。また張替え回数にもよります。

     



畳表(畳表面のござ)について 素材による特徴は?

  • 畳 | 2019-02-10

    畳表(たたみおもて)は畳を構成する部位の中で実際にお客様の肌に触れる部分であり露出面が広いため、畳の見た目はその品質によって決まると思ってもいいでしょう。大きく分けると・・

     

    【イグサ(藺草)】 イグサで編みこまれた昔ながらの畳表、現在でも畳といえばイグサが主流であり、特徴としては天然の草であり、見た目も感触も天然の草が持たらす和のイメージそのものです。天然のためイグサの色合いは個体差がありますが、長くて太く色合いに均一性があるものが上質とされております。新しくした当初は緑色が濃く少しずつ日焼けしていき焼けていきます。この時、質のいいイグサの場合は白っぽくきれいに焼けていきますので、日焼けしてからもその表情の移り変わりを楽しむことができます。また鎮静効果、リラックス効果、集中力向上にもえいきょうするといわれるアロマ効果(フィトンチッドという匂いの成分が含まれる:森林浴でも気分がいいにおいがするのはこの成分が含まれているからです)があるということで、新しい畳にすると気分もよくなるのは見た目同様匂いも大きな要素となっております。

     

    【和紙表(わしおもて)】和紙表はイグサの代わりに和紙を利用したものであり和紙を一本一本こよりにし編んでおります。イグサと比べると機能性重視であり、耐久性、日焼けしにくい、摩耗性に強い、カビの発生もしにくい等が特徴です。また純和風ではなく昨今の和室作りの特徴でもある洋風和室にも合うモダンな仕上がりになっております。様々はカラーバリエーションも和紙畳の特徴となっております。マンションの洋室とバリアフリーになっているお部屋などに美しい仕上がりで人気となっております。またあまり使わない部屋だからこそ劣化しにくいため、急なお客様の宿泊等にも青々とした状態が長く続くため適しております。



畳にカビが生えてしまった!畳のカビを除去する方法

  • 畳 | 2019-02-10

    畳にカビが生えてしまったら、まずはしっかり乾燥させましょう。(湿気を含んだ状態でタオル拭きするとカビが畳の目に入り込み除去しずらくなります)天日干しが理想ですがドライヤーでもOKです。
    しっかり乾燥させたら掃除機で吸い取ります。仕上げに消毒用エタノールで吹き上げると再発防止になります。
    それでもカビの匂いがとれない場合は畳のカマチ(短手側面:隠れてます)にも生えてることが考えられます。その場合は道具を使い、畳を上げる必要がありますので、我々を呼んでいただいた方が良いですね。

     



畳にカビが生えない様に長持ちさせる方法

  • 畳 | 2019-02-10

    新しい畳は吸湿性、保湿性が高く、青いうちは養分もあります。湿度と気温が高く、かつ空気の流れが滞るとカビは生えてきます。湿度と気温が高い日が続くようであれば、扇風機等で意識的に部屋の空気を動かすと生えにくくなります。そして良い天気になったら窓を開けて空気の入替をしましょう。
    3年目以降で畳が茶色く焼けてきますと、自然に青カビが発生することはほとんどなくなりますので、結露などの原因による黒カビに注意してください。こまめに窓ガラスの結露を拭き上げることで防げます。



畳の効能 ~リラックス効果と集中力~ 

  • 畳 | 2018-01-05

    「たたみのイグサの香り」

    新築祝いにお呼ばれしたりして、「真新しい畳の部屋」に入ると、思わず深呼吸したくなるほどイグサの香りは魅力的ですよね。 その魅力の秘密は、実は、イグサの香り成分にあるんです。
    たたみのイグサ一番多く含まれているのが「フィトンチッド」という成分で、実際に森林浴で深呼吸をしたときに、「気持ちが安らぐ、リラックスする感じをもたらす成分がこの成分」なんです。その他に、消臭・脱臭効果、リラックス効果、不眠症に効果があるアロマ効果成分や、鎮静・ストレス軽減に有効な成分も多く含まれております。

     

     

     


    (さらに…)